請求APIをリニューアルしました

本日、請求APIで返却されるレスポンスに下記コードを追加しました。本リリースにより、システム連携をより行っていただきやすくなりました。

・サービスコード
・顧客コード
・契約コード
・品目コード
・計算方式コード

SIOS bilinkでは今後も、サブスクリプション・リカーリングビジネスをサポートするプラットフォームとして、さまざまな課金体系に柔軟に対応できるよう機能強化していきます。